ご 挨 拶

1994(平成6)年2月1日、神戸シティ法律事務所は、「井口法律事務所」としてスタートし、現在おかげ様で29年目に入っております。創業者でありこの4月まで代表をつとめました弁護士井口寛司が本年7月3日に旅立ちました。生前のご愛顧に深謝いたしますとともに、私たちはその志を全うすべく、「喜びと笑顔に会うために」を理念とする、地場産業としての、半永続的な法律事務所を創り続けるべく、事務所一同、力を合わせて邁進してまいります。
地球環境問題、人々の意識の分断、グローバリゼーションの限界等、大きな課題を前提としながらも、私たちは、組織として、個人として、日々、課題を突き付けられております。その中で、私たち神戸シティ法律事務所は、みなさまとともに歩ませていただくべく、課題解決のためのあらゆるソリューションをご提供してまいります。
引き続きご支援ご愛顧を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

2022(令和4)年10月

代表社員 弁護士 石橋伸子

「もう一度行ってみたい」と感じていただける法律事務所。
法律事務所は何かの相談事を抱えてこられるため、本来は敷居が高く感じられるものです。
当事務所の創業者である弁護士井口寛司は、周りを励まし、解決に至る道筋を示し、希望を届け続けてきました。そのようにして、お客様に「もう一度行ってみたい」と感じていただく弁護士を体現していました。
法律事務所は、社会のインフラとしてなくてはならないもの。そう感じていただける事務所を目指して、我々は、これからも、ご利用いただく皆様に「もう一度行ってみたい」と思っていただけるよう、個々の弁護士、スタッフは研鑽を続け、人間性を高め、皆様の喜びと笑顔に出会うために、解決への最適な方策をご提示して参ります。

2022(令和4)年10月

代表社員 弁護士 高島 浩

理 念

喜び笑顔出会うために

  • 1. 私たちは、社会正義の実現に貢献します。
  • 弁護士法第1条により、弁護士は人権の擁護と社会正義の実現が使命とされています。社会は変化し、変容していきます。時々の社会における正義とは何か、考え続け、実践していきます。
  • 2. 私たちは、人間ひとと心を大切にします。
  • 人間(にんげん)でもなく、人(ひと)でもなく、人間(ひと)と表記しました。
  • 3. 私たちは、本質と品質を追求します。
  • ことの、物の、社会の、本質を追及することにより品質の向上があり、品質を追求することで本質が見えてくる関係にあると考え、韻を踏みました。
  • 4. 私たちは、自立と協働を確立します。
  • 自立をはかったうえで協働する、協働は自立を前提とすると考え、所内でも所外との関係においても、自立と協働を確立していきます。
  • 5. 私たちは、挑戦と進化を続けます。
  • 勇気を持って挑戦を続け、進化を遂げたい。これを続けていきます。

2003(平成15)年6月5日、弁護士全員がそれぞれの弁護士としての原点を語り合うなどして、共通の思いを神戸シティ法律事務所の「理念」として作りあげました。そして、事務所の執務室に掲げております。

指 針

「 種 を 届 け る 」

「種を届ける」は、事務所理念の実現達成のための指針となるものです。

お問い合わせ